【セルフカット】ロングの簡単なすき方は?毛先や後ろ髪まで上手に整える方法もご紹介

セルフカット

こんにちは。くみっきーです!

ロングヘアの皆さん、髪の量が多いからちょっとすきたい、髪が傷んできたからちょっと毛先だけ切りたい。

でもバッサリ切るわけじゃないからわざわざ美容室に行かなくても…
いい方法ないかな?

そんな風に思った事ないですか?

女性の要望に合わせ

  • ロングの簡単なすき方
  • 毛先や後ろ髪まで上手に整える方法
  • カットする際に準備するもの

をご紹介します。

今お家でロングの髪をカットしようと思っている方、失敗が怖くてセルフカットに挑戦できない方でもぜひ参考に最後までお読みください。

スポンサーリンク

ロングの髪を簡単にすき方は?

髪の毛の長さは切りたくないけど…

髪の量が重いから毛量をすきたい!

そんな方のために

  • ブロッキング
  • すき方
  • すく際の注意点

を髪の毛をすく上でのポイントについてまとめました

髪の毛をブロッキングして切る準備

髪をそのままコームでとかさずに切ってしまうと、切れる髪の長さがまちまちになってしまいます。

 

仕上がりが不自然になってしまわない様に必ずハサミを入れる前にコームでとかし、うねったままの髪の毛がないようにしましょう!

 

コームでとかしたら髪の毛をブロッキングします。

この分けている束ごとに切っていくのですが、誤って他の毛を切ってしまわないように、ヘアクリップで横・後ろをしっかり留めましょう。

ロングすき方参考画像

ロングのすき方は?

すく際はすきバサミを使いましょう。

ブロッキングした部分を縦でスライスをとり根本すぎない中間から毛先に向けてすいていきましょう。

スライスを取る際は細かくとっていくとすきやすく、やりやすいです。

 

また髪の表面をすきすぎるとヘアスタイルが崩れてしまう可能性があるので、内側をすいていきましょう。

前髪の量をすきバサミで減らす際も、前髪の表面を切らずに内側を切りましょう。

毛量が気になる部分だけすきます。

 

すく際はちょっとずつ全体のバランスを見ながら微調整していきましょう!

ロングをすく際の注意点は?

すく際に

  • すきすぎて短い毛がピョンピョン出過ぎないよにする
  • 表面(はちうえ)までハサミをいれない
  • 根本3センチをすかない

この3つを気をつけないと髪を結ぶ際に短い毛が出てきてしまったり、すいたはずなのにひろがりやすくなってしまっったり・‥

不自然な仕上がりになってしまうので、気をつけてすきましょう。

スポンサーリンク

毛先や後ろ髪を整える方法は?

ロングヘアだからといって、毛先を全くカットせずに放置してたり、すくだけだったりりすると毛先がパサパサしたり、まとまらなくなってしまいます。

ロングヘアをキープしたい場合や、きれいに髪を伸ばしたいなら、毛先を揃えるようにしましょう!

ロングの毛先、後ろの髪を整える方法

まずロングヘアのセルフカットを綺麗にするポイントは、すく時同様髪のブロッキングです!

髪が長いとその分量も多くなりますから、ブロッキングも更に細かくしましょう。

ロングの参考画像

目安として後ろは4つブロッキングするときりやすいです。

ブロッキングしたところを順番にまっすぐにちょっとずつ切っていきましょう。

ブロッキングしにくい場合は真ん中で分けて1、2、3、のブロッキングを左右でしましょう。

 

横は耳後ろでブロッキングし、2つにわけて切りましょう。

2つに分けるポイントは目の高さです!

後ろ同様細かく毛先を整えていきましょう。

 

カットする際の注意点は?

自分で髪を切るセルフカットを行う際の注意点は、

  • 焦らない
  • 少しずつ切る
  • 少し長めに切る
  • しっかりクシでとかす

ことです。

思い切って一気にはさみを入れてしまうと、仕上がりが大きく違ってしまうことも…。

理想の長さがあっても、まずはそれより長めに、少しずつカットをするようにしましょう。

カットする際に準備するものは?

カットしようと思うときに何を準備したらいいだろう?

そんな事がないようにまずはしっかりと道具を準備しましょう。

準備するものは

  • ハサミ
  • すきバサミ
  • タオル
  • ダッカール(クリップ)
  • クシ
  • ヘアカットクロス

道具を準備するとカットがやりやすくなりますので是非そろえてみて下さい!

ハサミやクシどこで買おうと思っている方お得なセットもあります↓

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は女性の要望に合わせ

  • ロングの簡単なすき方
  • 毛先や後ろ髪まで上手に整える方法

を簡単にできるセルフカット方法をご紹介させていただきました。

 

自分で髪を切るのは難しくてできないと思っていた方まずはぜひチャレンジしてみてください。

難しいと思ったらちょっとずつ自宅で出来るセルフカットを楽しんでみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント